妊娠中は肌が敏感になるのでプロアクティブを使うとき注意しよう

妊娠中はニキビができやすくなりますので、大人になってからニキビが出なくなっていた人でも急にニキビができたりすることもあります。

 

妊娠中にニキビができる原因はホルモンバランスの変化によるもので、特に妊娠初期においてはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌がとても多くなります。

 

そのうち、プロゲステロンには皮脂の分泌を活発にするという働きがあるため、皮脂がいつも以上に多く発生して毛穴を詰まらせることでニキビの原因となります。他にも、つわりがあったり、特に初めて妊娠する場合には心配になることも多くあり、ストレスなどからホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。

 

プロアクティブは、アクネ菌の増殖を抑えてニキビ予防をする製品ですので、プロゲステロンの増加により皮脂が多くなったという場合には、皮脂により毛穴が詰まってアクネ菌が繁殖していることが考えられますので、ニキビの予防や改善に効果はあります。

 

ただ、妊娠中は栄養状態などの変化によって通常の肌のコンディションとは状態が異なる可能性があります。敏感肌の人が使用するとお肌のトラブルの原因となることがある可能性のある製品ですから、使用前には一度かかりつけの医者又は専門医に相談した方が賢明です。

 

それまでプロアクティブを使っていた人でも、妊娠中は肌が敏感になるケースが多いので、一度相談することをお勧めします。

 

万一使用が禁止された場合は、食事や生活習慣を改めたり、例えば肌にやさしい洗顔クリームで丁寧に顔を洗うなどの肌に負担のない方法でのスキンケアをしっかりしましょう。また、プロアクティブにはカスタマーセンターがありますので、そこに電話をすると妊娠時のニキビケアについてアドバイスが得られるかもしれません。