乾燥肌でもプロアクティブを使って問題ないのでしょうか

プロアクティブはもともと西洋人の肌に合わせて作られたニキビケアの製品です。

 

日本で販売されるにあたっては許認可の降りていない成分が混ざっていたりするので、日本で販売されているものは多少成分がオリジナルのものとは異なっています。

 

また、研究の結果により日本人の肌に合わせて成分の配合を変えていることもあり、アメリカなど海外で販売されているものよりは肌にやさしい成分でできています。

 

それでも程度によりますが、敏感肌の人には刺激があると思われる成分が配合されていることは確かですし、実際に利用者の声を聞いてみても、敏感肌の人が利用した場合の肌へのトラブルの報告はいくつか上がっています。

 

一例を挙げると、顔がヒリヒリして赤くなった、翌朝ものすごく肌が乾燥したなどの声があり、翌日は化粧もできないほど肌の状態が悪くなった例も報告されています。これは、プロアクティブに含まれているサリチル酸やグリコール酸などの成分が引き起こしていると考えられます。

 

プロアクティブにはベーシックタイプとマイルドタイプの2種類があり、洗顔料とふきとり化粧水にはマイルドタイプの商品が存在します。マイルドタイプでは刺激の少ないスクラブ粒子を使用し、グリコール酸の配合量もレギュラータイプに比べて半分程度に抑えられているため敏感肌の人はマイルドタイプを選択するのがお勧めです。

 

その他、誤った方法で洗顔していることで肌を傷つけている可能性もあります。プロアクティブのホームページでチェックしたり、カスタマーセンターに問い合わせて確認したりして、指定された方法があればその方法で行うようにしましょう。また、やさしく洗顔したり回数を減らして様子を見ながら使用していくのも一つです。